グラフ旭川

求人情報

[ グラフ旭川は毎月25日発行 ]

このサイトについて
サイト内検索 検索ガイド


[Popular Serial]
私の旭川。 イラストレーター・小川 けんいち


【続きは本誌で】

[Popular Serial]
思い出の中の写真シリーズ NO.414 記憶の中の1ページ

永野 亜紀さん

AKI Sparkle Life 代表
ダイエットサポーター
保健師

 看護師をしていた叔母の勧めで、医療の道へ進みました。病院ではがんや人工透析の患者さんの看護にあたりました。病気によってやりたいことができなくなった方、大切な家族と離れて暮らさなくてはならない方に出会いました。
 予防の大切さを考えるようになった私は病院を離れ、保健師として健保組合でメタボリック症候群の方の健康相談を11年間行ってきました。


楽しく美味しく「食べ痩せ」について学べます。
【続きは本誌で】

[Popular Serial]
第94回 IPPIN 旭川・道北の逸品

津村製麺所×Hokkaider小原×小川けんいち
ライダー麺

 「ラーツー」という言葉をご存知だろうか。全国のバイク乗りに親しまれるツーリングのスタイルで、バイクで出かけた先でカップ麺や袋麺をサッと調理し、食べて楽しむというもの。このラーツーに着目した3人のライダーが、ライダーらしさに溢れた袋麺「ライダー麺」を開発、今年夏に販売開始した。


ツーリングやキャンプのお供に「ライダー麺」。外袋は透明なジップ式で、スマホなどを入れる保存袋としても活用できる。
【続きは本誌で】

[Popular Serial]
上野ファーム12ヶ月 花が教えてくれること vol.54 ガーデナー・上野 砂由紀

 秋の芸術  オーナメンタルグラス

 木々が紅葉し、花が色あせ始める秋にもっとも魅力を発揮する植物があります。それがオーナメンタルグラスと総称される、装飾的にも美しいイネ科の草たちです。
 見た目には近隣に生えている草のようでもありますが、オーナメンタルグラスは8月くらいから穂が上がり始め、秋にかけて、まるで煙のように細かな穂が広がったり、小判のような形の種がゆらゆらとぶら下がったりと、品種によって様々な特徴を持つ穂が広がり、楽しませてくれます。


繊細な穂は、風の動きも見えるデザインに。
【続きは本誌で】

[Popular Serial]
ぶらりいい店 vol.39

「 四條庵本店 」

手間隙惜しまぬ本物の出汁

 

蕎麦といえば落語や時代劇でも登場する江戸庶民の食べ物として代表的なものだ。近頃では食通が「まずはつゆに付けずに…」などと言うが、それぞれ美味しいように食べるのが一番だと思う。
 旭川の人気店の一つ、「四條庵本店」は昭和60年創業の昔ながらの店だ。10年前に二代目の村岡正太郎さんが、以前あった場所から道路を挟んだ向かい側に現店舗を新築移転。今も先代の味をそのまま守っている。

【続きは本誌で】

[Popular Serial]
法律Q&A 第151回 旭川の弁護士の法律相談

旭川弁護士会所属弁護士 皆 川 岳 大
旭川弁護士会所属弁護士 青 山 和 志

旭川総合法律事務所
旭川市3条通9丁目551-2(緑橋通)
TEL:0166-76-1087 FAX:0166-76-1187

▲皆川弁護士 ▲青山弁護士

葬儀費用の負担について

Q 先日、父が亡くなりました。相続人は兄と私(妹)の2人です。実家の近くに私が住んでいたこともあり、葬儀の段取りは私がしました。葬儀の喪主は長男である兄が務めたのですが、葬儀費用は私が立て替えることになりました。その後、兄に葬儀費用の負担を求めたところ、金額に納得がいかなかったのか、私が勝手に決めた内容だからということで、葬儀費用を支払ってくれません。葬儀費用は喪主が支払うものではないのでしょうか。
(旭川市、Tさん)

A 今回は葬儀費用についてのご相談です。
1  葬儀費用の法的性質
 まず、葬儀費用は、相続開始後(亡くなった後)に発生した債務です。遺産というのは、亡くなる前に保有していた財産(債務を含む)のことをいうので、葬儀費用は遺産とはいえません。
 そうすると、葬儀費用は遺産分割(相続)の対象ではないということになります。
 では、葬儀費用は誰が負担すべきなのでしょうか。一般的には、遺産から葬儀費用の額を差し引いて、残りを分割して解決が図られることが多いと思われます。ただし、そうするためには相続人全員の同意が必要となります。


 【続きは本誌で】

[Popular Serial]
北の自然・人 大雪と石狩の自然を守る会代表 寺島 一男

第427回

石狩川からプラごみを

 日本最大級のサケの産卵場であった石狩川上流部の上川盆地で、絶滅したサケの回復を目指す取り組みを始めてから、三十八年が経った。紆余曲折があったが、幸いなことに多くの市民や関係機関、自治体の協力を得て二〇〇三年からサケが戻るようになった。
 ここ数年石狩川上流部の水系では、毎年、数百床のサケ産卵床が確認されている。人の手で育てた稚魚の放流から始まったため、当初に回帰したサケはふ化放流魚だったが、現在は世代交代が続いてほとんどがこの地で生まれた野生サケになっている。

上川盆地を流れる石狩川(嵐山山頂から)

【続きは本誌で】

[Popular Serial]
不老不死? ―人類永遠の夢― 長根 忠人
第127回

第四章 スピリチュアル

(109)三つ巴
福寿会の社、巫女の謁見の間に笑いが響き渡った。
「神仙、何が可笑しいのだ」
白龍が、突然笑い出した神仙に問いかけた。
「神仙さん、何が可笑しいの?」
心魂天も怪訝そうに、神仙を見て尋ねた。
「何が可笑しいって?この状態を見てみろよ」
神仙はそう言うと、周りを見回した。
福寿会第一巫女である多恵の背に『神仙の数珠』に宿る神仙、第二巫女である桔梗の背に『白龍の珠』に宿る白龍、そして福寿会の宝玉を調べている福之輔の背に『心魂の鈴』に宿る心魂天が現れていた。
「今までこのような形で我らが揃う事は無かったと思うが?」
神仙が一同を見て、尋ねた。
「うむ、確かに…」
白龍も同意した。
「そうね。今までは一人の人間、福寿会が出来てからは『福寿会の巫女』の意識の中で会う事が多かったわね」
心魂天も不思議そうに同意した、
「そう。今までは一人を媒体として会い、物事を決めていた。うむ…中々面白い状況だ」
神仙は、そう言うと考え込んだ。

【続きは本誌で】

[Popular Serial]
〜やせる漢方ってあります?〜

及川医院
旭川市豊岡4条8丁目3-1 TEL35-2661

院長 外科専門医 及川 太

 みなさんこんにちは。
 コロナ禍で、何かと家にこもりがちどころか、不安のために家から出られなくなったり、運動不足で気分も晴れなかったり、モヤモヤした日々をお過ごしかと思います。
 そんな私も、自宅と病院だけの巣ごもり生活のため、ついついズボンのベルトも…な毎日を過ごしております。

 日々外来診療をしていると、いつもいらしている患者さんに、少し気になって体重をたずねると、『先生、何かやせ薬ないですか?』と聞かれたり、初診の患者さんに『痩せる漢方薬をください!!』と唐突に言われたりすることがあります。

 正直な話、こたつの中でミカンを食べながらゴロゴロしていて痩せる薬なんてあるはずがありませんと答えます。(注意していただきたいのが、インターネットなどでやせ薬などと検索すると、輸入物の中には甲状腺粉末を含んだ粗悪品があったりすることです。


【続きは本誌で】

[Popular Serial]
白内障の手術(単焦点レンズと多焦点レンズ)

十川眼科
旭川市緑が丘東3条1丁目12-18 TEL76-6651

院長 十川 健司

白内障とは?
 まずは白内障を理解するために目の解剖から説明します。目の構造をカメラにたとえて見てみましょう。カメラのレンズに当たる部分が「水晶体」というもので、フィルムに当たる部分が「網膜」というものです(図を参照)。目はレンズ(水晶体)を通して、光を目の中に入れて、それをフィルム(網膜)でものを見ているのです。白内障とはこのレンズ(水晶体)が濁る病気です。水晶体に濁りを生じると、曇りガラスを通してみるようになり、かすむ、まぶしい、ぼやけるといった症状が出ます。


【続きは本誌で】

[Popular Serial]
マダムケロコのケロ味シュラン

美味しいスイーツを食べよう!編

コロナの影響で、いつもやってるお店が休みだったり、
営業時間が変わっていたり。
でもスイーツのお店は、変わらず頑張っています。
お店で食べる時もあるけれど、大体はお持ち帰り。
家でゆっくりとお召し上がり下さい。

カフェドラペ
ケーキセット 1100円

カフェドラペ

美瑛町美沢希望19線
TEL:0166-92-3489
営/午前10時〜午後6時
休/木曜日
(12月から2月くらいまで休み)


【続きは本誌で】

[Popular Serial]
私の美術散歩ギャラリーシーズ オーナー・久木 佐知子

「放浪の天才画家 山下清展」の見どころと作品の魅力 その3

 「放浪の天才画家・山下清展」が、9月18日(土)から道立旭川美術館で始まりました。「日本のゴッホ」と称され、激動の昭和を駆け抜けた山下清(1922〜1971年)。鮮やかな色彩の貼絵で独自の世界を確立し、その作品は今も多くの人々に愛されています。
 会場には山下清の少年期の作品から、放浪を始めた戦時中〜戦後の作品、放浪後に画家としてさまざまな手法を取り入れた作品まで、貼絵を中心に油彩や水彩画、ペン画、陶磁器の絵付など約130点が展示されています。併せて愛用のリュックと傘、放浪日記や山下清自身の言葉、家族の証言などから山下清の“真の姿”に迫る内容となっています。

山下清「桜島」(貼絵)1954年
※展示作品は変更になる場合があります。

【続きは本誌で】

[Popular Serial]
写真にみる私の文学人生東 延江

(7)相川正義さん 「さとぽろ」・旅・そして

 相川正義さんと知り合うようになったきっかけは、詩人の小柳透さんの助言によるものだった。
 私が所属していた詩誌「情緒」三十七号(昭和39年・4刊)の巻末に、三十七頁にも渡って掲載された入江好之編「北海道詩誌詩集刊行年表」が昭和三十八年十二月末で終わっていたので、私なりに昭和四十年頃からその続きをと調べ始めてノートに記録していた。
 詩の集まりの折に、そのことを小柳さんに話すと、小柳さんも同じことをやっていたことが分かり、以来互いのノートを交換して書き込みを始めた。
 ある時、私が旭川出身だというと、旭川に行ったら、ぜひ相川正義さんという人を訪ねなさいという。

道東文学の旅 新冠 森みつ詩碑の前で S60.6.22
左より相川正義、東延江、土田恵子、上島仁子(相川妹)、山川余志子(相川娘)

【続きは本誌で】

[Popular Serial]
温泉と秘境への憧れが止まらない!日本で1000ヵ所以上の温泉を巡った
梅田事務局長のひとりぼっち旅行記 Vol.3

幌加温泉の名湯&タウシュベツの恐怖

 三国峠と糠平源泉郷の間に、幌加温泉はあります。初めて訪れたのは2010年秋で、当時は林道に2軒の温泉宿が営業していました。その日は手前の「ホロカ温泉旅館」で日帰り入浴を楽しんだ後、奥の「湯元 鹿の谷」に宿泊予定でしたが、「ホロカ温泉旅館」の営業は16時まで、私が行ったのは16時15分。営業時間外で入浴できませんでした。下調べしなかった私の痛恨のミスです。後から考えれば、翌朝立ち寄ればいいだけの話ですが、その時は顔を見られたこともありバツが悪かったのです。

その名の通り、高確率で鹿に会える「湯元 鹿の谷」。
内風呂も露天風呂もレトロで秘湯感たっぷり。
現在は自炊専用の素泊まりのみ可。

【続きは本誌で】

毎月25日発行 / 原稿締毎月10日
※当サイト内の掲載写真・記事の無断転載、無断複製を禁じます。
旭川市9条通9丁目2489-29 安田ビル3F
TEL:0166-25-5616 / FAX:0166-23-6500